9月に横浜で安全講習会を実施します!

[race-09]

日本-パラオ親善ヨットレースのNoR(レース公示)のなかで、参加資格として、以下の記載があります。

──「艇の責任者を含む 30%以上の乗員(ただし 2 名以上)は、レースのスタート前 5 年以内に、実行委員会の指定するトレーニング項目を実施していること。」──

こちらについて、実行委員会では、OSRカテゴリー1の要求を満たすトレーニング(講習会)を、下記の要領で実施します。
講義は「Safety and Sea Survival Course」(Yachting Australia認定)というもので、オーストラリアから講師を招きます。
現在のところ、この要件を満たす講習は、日本国内では開催されていません。

このカリキュラムは、ライフラフトの展開や乗り組み、火器の使用など、実践も伴う内容で、2日間を使って実施されます。
また、終了後に発行される受講証明書は5年間有効となります。

今回の講習は2回開催されますので、どちらか都合のよい日から選んでください。
それぞれの定員は20人となります。
また、一般の受講希望者も募集しますが、原則的には「日本パラオ親善ヨットレース参加者を優先」します。

この講習について、仮申し込みを6月10日(月曜)から先着順で受けつけます。
下記内容を記載し、事務局までEmailにて、確実に仮申し込みをお願いします。

この講習が受講できないとなると、参加要件を満たすためには、過去5年以内に同等の講習を受けた証明書を提示するか、あるいは、海外で実施されている同等の内容の講義を受講するしかありません。
また、今回は日本語で受講できるうえ(通訳がつきます)、海外への渡航費も不要であることから、非常に貴重な機会かと思います。


●開催日:
①9月20日(金)~21日(土)
②9月22日(日)~23日(月・祝)
●場所:横浜ベイサイドマリーナ
●講師:Genevieve Whiteさん(世界一周レースに参加するなど、外洋における豊富な経験を持つオーストラリア人セーラー)
●定員:各回20人(日本-パラオ親善ヨットレース参加者を優先。一般は先着順)
●受講料:80,000円(予定。税別)
●申し込み方法:E-mailにて、以下に記載し「仮申し込み」をしてください。

〇名前:
〇レースに参加する艇の名前:
〇受講希望日:
〇電話番号:
〇メールアドレス:

(問)日本-パラオ親善ヨットレース実行委員会
E-mail: info@japan-palau-yachtrace.com

[race-09]