台風到来

[palau-13] 「日本-パラオ親善ヨットレース」のスタートは12月29日。横浜をスタートして南の島、パラオへ向かいます。 筆者が初めてこの海域を走ったのは、今から38年前の1981年のこと。 11月10日に三浦半島...

グアムレース’92の悲劇から学ぶ

[race-17] 9/23の記事、 で簡単にご紹介しましたが、9/20-21、9/22-23と2回に分けて「World Sailing Safty and Sea Survival Course」が開催されました。 「...

東西から精鋭のエントリー続く! 参加艇は4艇に

[race-16] 参加者向けのサバイバルトレーニング(9/20~21、22~23:横浜ベイサイドマリーナ)も、熱気に包まれる中で無事に終了。 一方、レースのスタートまで90日を切り、いよいよ!という感じも高まってきまし...

火工品について補足

[race-15] 6月に公示した、安全講習会、 が開催されました。 こちら、7月の記事、 で書いたように、講習会というより、訓練、トレーニングですね。 正式には、 「World Sailing Safty and Se...

北海道から〈アルタイルIII〉が参戦!

レースのスタートまで100日あまり。 今週末(9/20~21、22~23)には、参加者向けのサバイバルトレーニングも横浜ベイサイドマリーナで開催されます。 さて気になる参加艇ですが、〈1122トレッキー〉(ミュワー40:...

実質的に、エントリー締切迫る

[race-13] 今年、12月29日に横浜をスタートする「日本-パラオ 親善ヨットレース」では、『外洋特別規定 2018-2019』が適用されています。 『外洋特別規定 2018-2019』とは、国際セーリング連盟(W...

やっぱりプラスチックが好き

[plastics-04] 前回、ヨットはプラスチックの固まりである……と書いたけど、 プラスチックにもいろいろありまして。というのが今回のテーマ。 まずは、今のプラごみ問題の主役ともいえるレジ袋。 ヨットの上でもデイセ...

懺悔の記

[plastics-03] 海のマイクロプラスチック問題、「The Plastic Ride」、 の続きです。 最初「Plastic Tide」として書き始めたんだけど、「The Plastic Tide」という海のマイ...

リサイクルの問題なのか?

[plastics-02] 前回、 の続きです。 マイクロプラスチックによる海洋汚染の問題というと、プラごみリサイクルの話に続けられることが多いと思うけど、これはまた別の問題のはずだ。 リサイクルされないプラごみをすべて...

プラスチックは永遠に

[plastics-01] 「日本-パラオ親善ヨットレース」(12/29:横浜スタート)では、伴走する帆船〈みらいへ〉と参加艇の1艇で、レース中に当該海域の海水を採取しマイクロプラスチックがどのくらい含まれているかの調査...

1 2 3 5